THE FRONTIER SPIRIT

いよいよ迫って参りました。福岡行きが。。。
気づけば1月も終盤。飛騨高山という冬の厳しい土地で、なんとか日々をやり過ごすような状態。
気候やら風土のせいには決してしたくない。まわりがどうこう、日本経済がどうこうなんて関係ない。
そんな話ばかりをする輩が多くて、うんざりする。
だいたい話がでかすぎてわけわからんし、こっちはそんなでかいもんに影響受けるほどものすごいことはしていない。
現場はここなんよ。そんでもってオレはここにおるわけよ。
自分の問題、自分の店の問題。だから今回も、オープンして半年も経たないうちに行動。

自分でもこんなにも早く、こんなことになるたー思ってもみんかった。
EARLY BIRDのオーナーとはCENTER4のオープン前からの付き合いだが、いろんな話をしてきた。
店をおったてよる最中に津屋崎で一緒になんかしよか?なんてことも。
ただの話の流れのようで、口だけではない。実際やっちゃう。
これものすげー大事。
「こーしたいんだけど・・・」 「あーしようとはおもってるんだけど・・・」
そんなセリフはもう聞き飽きた。
ただやりゃいいっつーもんではもちろんない。
そこにあるリスクや可能性、費用対効果なんて考えるんは当たり前。

その動きに対してどれだけ考えて、どれだけ腹くくって、どんだけの結果出せて、どんだけ楽しめるか。。。
ただそれだけ。やりたいやつはやりゃいい。やらんでもええやつはやらんでいい。

今回の出張バーガー屋に関しては、俺なりの視点での決断であり、
他の人からしたら、マジで???みたいなことなんかもしれんが、オレにとっちゃーなんの疑いの余地もない判断。
オレにとってはとんでもなく大事な機会であることも間違いない。
こんな機会を与えたくれたオッサンに感謝しつつも楽しむ。
楽しむために俺なりの落としどころを模索し、イメージを具現化する。
問題がないわけない。でもそんな難しいことは何一つない。
その問題や事実にそいつ自身が負けるようなことがなければ、世の中そんな切り抜けられんような問題なんてありゃしんのよね。。。

とにかく今回、自分にとっても初めての試み。
違う環境で自分のバーガーが提供できるということと、
同じように店に向かい合う野郎と一つの空間を共有できることがとても嬉しい。
そこで起こる様々な出来事や人の表情の中に、また新たな何かが生まれる気がしてならない。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-01-27 18:59 | DIARY
<< MY SUCCESS STORY 看板娘 >>