きんにくすぐる

福岡での滞在中・・・
そう、それは5TH ATTACKとなった金曜のある午後のひととき。
あの事件は起きた・・・・

平日ということもあり、のんびりとした時間が流れていた。
残り2日間ということもあり、食材やら何やらといろんな予想を立ていざ買出しへ。

小一時間ばかりかかり、アーリーバード1号?いや、2号か?で無事帰還。
するとオーナーが店から出てきた。。。「肉届いてますよ・・・」と。
あ~、高山の業社に発注してたやつね。と思いながら店内へ。
すると今度はCafeのスタッフさんが声をかけてくる。「お肉、下に置いときましたんで・・・」と。

厨房に入ると大きな発泡スチロールがある。
お肉ですから、もちろん早いとこ冷蔵せなっ!!と思ってそそくさと箱オープンっ!!
すると・・・・・・・・・・・・・

f0122641_19301338.jpg


そこには何やら小粋な画があるではないですか。。。
ん?ん~、ん?一瞬にして??????が出まくるオレ。
高山の業社さんは随分と粋なことをするやんけ・・・なんて思ったりもしたが、その画の下は・・・雑誌が山積み。。。。
こりゃどーみてもおかしいっ!!
「こら、ボケー!!仕事をせぇ~!!この暇家具屋が~!!」とオレの罵声が走ると共に、
厨房の外からは2人の聞いたこともないような大爆笑の雄叫び。

完全にやられた。120%殺られた。
良い子の皆さんは絶対に真似してはいけません。こういうことからイジメは始まるのです。。。
といいつつもめちゃんこ楽しかった。こんないたずらされて嬉しかったこともそうそうない。

よくよく考えてみると、オレが戻ったときの対応がそもそもおかしい。
あの髭面オーナーがわざわざ店の外まで出てきて肉届いてるよ、なんて言うわけない。
そして、Cafeの子も肉と知りつつ置きっぱなしにするわけもない。
後で聞いた話によると、
オレが先に冷蔵庫を開けるとばれるので、肉を入れる冷蔵庫を変えてみたり、
なんともイマジネーション豊かに冷静沈着に、用意周到にことは行われていたようで・・・。
そんな状況をイメージすると2人の悪そうな顔が思い浮かび、
してやったり的な高笑いも腹立たしくてしょうがない。。。
そしてまた、きん肉マンがけっこううまかったりするのもこれまた腹が立つ。
がしかし、この画は今、わが店の厨房奥にしっかりとその存在を誇示しているわけで・・・

こんな嬉しい???こと、ないでしょ???
そんなことをされるような自分で在り続けたい。。。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-03-04 19:33 | DIARY
<< Change SPECIAL >>