Blueprint

f0122641_2012521.jpg

4月も終盤にさしかかりつつ、皆様いかがお過ごしでしょうか?
高山は桜が散り始めてはきたものの、まだ肌寒い日々が続きます。

昨年の8月末にオープンし、もう少しで8ヶ月が経過しようとしています。
早いのか?遅いのか?自分の感覚としてもなんともいえない感じではあります。
ただ、1年やってみないと何のデータベースも持ち合わせていないので、
常に日々、手探りの状態。。。これが良いのか?はたまた悪いのか???
他の店と比べる気もさらさらないし、むしろ自分の中にある基準と向き合うしか方法はないかと。
どう見ても、何かと比較して今の店をやっているとか、何かを真似てやっている気もないので当然でしょうが・・・。
なにせ「よくもまあ・・・」とか、「なんで?」とかってのが良く聞かれるフレーズだったりする店なんでね。

まあ、とにもかくにも、間違いなく言えることは、引き続き自分のイメージにあるものを具現化するということ。
はじまりもそうだった・・・全く何もないところから箱を作って、内装やって・・・・とか、
自分の頭の中にあるイメージってやつをとにかくリアルなものとして落とし込み、実現してきた。
それは物理的な、物体やら空間としてのことだけではなく、
人が成長していく過程や、お客さんとのコミュニケーションの中から生まれるであろう画や、空気感、人のフィーリングに至るまで。
自分がイメージし、自分にしか描けないであろうたくさんの青写真ってのを描き、そして目の当たりにしてきた。
それはどんな状況になっていっても、どんな分野の仕事に携わっても、変わらぬものなのかな?と最近よく思う。
やる前からイメージしていたコトやモノの数多くを既にこの空間で作り上げ、
実際の体験や経験として消化できている感覚は何にも変え難いもので、
そういったことを通して、動く人の心や揺さぶられる魂を感じられる作業をこれからも続けたい。
ただただバーガーを売るだけなんてもったいない。
ここはスタイルや価値感、感覚や心意気を売れるお店だと誰よりも信じ、
そうあるべきだと思い込んで止まぬ、変態オーナーがいるお店ですから。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-04-23 20:08 | SPIRIT
<< 高山の虎 VS 福岡の犬 満タン >>