measure


f0122641_181208.jpg
たくさんのものさしはいらないが、
柔らかく、メモリもその都度調節がきくような、
そんな自分だけの唯一無二のものさしを自分の中にもちたいと思う。

こんな店、こんなやり方をしているせいもあってか、最近はいろいろなことを聞かれたりする。
そんでもかいつまんで要約して答えられるようなもんは何一つない。

最初から誰かから与えられたような、社会が提示したような、
そんなものさしでしか物事を測らない人たちには、うちのようなお店は愉しめるはずもなく、
いろいろな疑問が起こることもなく、もしそれが起きたとしてもその答えを導くには程遠く・・・。
何かを理解するということに対するスタイルを頑なにお持ちの方もいるし、
こうでなければおかしいなんて表現をされる方も多々おるわけです。

そんな状況を目の当たりにすると、
人のものさしみたいなものがリアルにその人の中に見えてきたりする。
その人がどんな生き方をしてきたのかさえ見えたりすることも。。。

遊びも余裕も、哲学も美学もなく生かされた、誰かの作ったような人形のような。
自分で枠を作ることで安心感を得て、なんとなく落ち着き、時になんとなく窮屈になり。

うちの店はオレという中にあるものさしで縦やら横やら高さやら角度やらネジレやら、
ここいらの人が持ち合わせない単位やメモリの入ったそのものさしで測られ、できた店。
そこいらに落ちてるようなものさしでは決して測れない、形なき店。
その有り様や佇まい、歩む姿がこの社会に何を届けるのか???
崇高な想いは持ち合わせていないが、
良きにしても悪しきにしてもそんな部分で愉しんでもらえればと思う。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-06-08 19:04 | SPIRIT
<< ひだっち 道程 >>