Talent

f0122641_17381775.jpg


人材・・・
大企業や社会の様々なシーンにおいても人材育成とか人材確保とかいろいろと叫ばれている昨今。
きっとこの町においても例外ではないであろう問題。
都会のように新しい物や感覚が得られる地へ、いい人材であればあるほど出て行くのは当然であり、
こういった観光産業がメインの町であっても人材育成や人材流出は大きな問題だと思う。
そういった若い世代に対しいかにして何を魅せてあげられるのだろうか?・・・。

 自分もいろいろな組織やいろいろな国、場所でいろいろな人物に出会ってきた。
それは性別も国籍も、年齢も肌の色も何も関係ない。人が人として向き合い、感じ、魅了されたり、惹きつけられたり。
個性的であり、魅力的であり、チカラのある多くの人物に出くわしてきた。
ビジネスや経済の場において、その結果を導くためにその過程を構築する力がある人であったり、
人とのコミュニケーションや対話の中で、相手を感じ取り、引きずりこむ力のある人物であったり、
物事の表層ではなく、その本質を的確に捉えられ、問題解決の能力が著しく高い人物であったり、
小さな計算抜きで暑苦しいまでのハートで、相手のハートをわしづかみにする人物であったり。

 今、日本において人を育てられる地域や社会、店がとんでもなく少なくなっているように感じる。
いろいろなマネーゲームの中で、人の質や品格は後回しになり、ないがしろになっている。
ただ、そういった状況や環境が持つ恐ろしさを知っておかなければならない。
今、巷で起こる狂気的な事件や、耳を疑うような不祥事など、そういった道徳心やモラルの欠如はどこからやってくるのか?
いろいろなものに流され、自分が今、この社会の中に在ることすら実感ができなくなり、
更には自分自身が担っているものの大きさや責任の重さに全く気づいていないのではなかろうか?
それは地位やブランドでもなく、企業の大きさでもなく、利益の大きさに対してでもない。
社会を創り上げる一員としてのプライドや責任感に対する意識。

 どんなことであっても人が創り上げる人の社会というものは、
その構成要素であり、その創造者である人の質、人材の質が問われるのは当然なわけで、
それにより結果が変わってくるのも当然。

 自分の店は小さな小さな店。
それでも、この店で働いてくれるスタッフもいれば、通ってくれるお客さんもいる。
そんな方々に対し、何かを感じられるような店でなければならないと常に思っている。
ただただハンバーガーを焼いて、儲けて・・・などというのはおもしろくもなんともない。
そんなもののためならもっと儲かる商売をとっくに始めているし、こういったある意味非効率的な商売を最初から選びはしない。
自分がここで見せられることや感じてもらえるものを考え続け、届け続けなければいけない。
どんな小さな店でも、その地域や社会を構成している要素であることに変わりはなく、
ここでどれだけのものを届けられるかで、そこに関わる人の人生が変わることだってあるから。
事実、自分はそういった空間や店に出くわし、大きな影響を受け、育ててもらってきた。
そういった責任を今、自分が担っていることを片時も忘れたことはない。
いろいろな店を見て、あーだこーだとそのスタイルや内容を批判する人も多いが、
そんなことは誰でもできる。小学生の子供でもできる。
いろいろな結果や状況を自分のものさしだけで測り、推し量ることを忘れていないだろうか?
自分はいつでも思う、人のことをあーだこーだと言う前に己だと。

 最近、何かを感じ、ごくごく自然とここへ集ってくる人たちがいる。
とてもわかりにくいやり方で、届きづらい環境ではあるが、きちんと受け止めてくれる方々がいることがこの上なく嬉しい。
ただ、それに甘んじてはいけない。まだまだであり、ステージをどんどん上げていかなければならない。
これでいいというのはどこまでいったってありゃしない。まだまだやらなならんことは山積み。。。
まあ、そういった意識がなくなった時点で引退する覚悟はできてますけど。。。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-11-22 19:48 | DIARY
<< This is my shop... ONLY ONE >>