31/12/07

f0122641_17372099.jpg

どーも、どーも。大晦日です。
ブログ更新すっかりご無沙汰です。

飛騨高山はいろんな意味ですっかり冷え込んでますが、
うちの店は賑わうやら、掃除がはかどるやら。。。
なんとも表現しがたい状況が日々続きますが、
こんな大雪の大晦日でもお客さんにご来店頂きました。
雪もひどいし、今日はあれをやってこれをやって・・・といろいろと考えておりましたが、
嬉しくもハンバーガー屋としてこの大晦日にハンバーガーを焼かしてもらえました。
次元がとても低いのかもしれませんが、
こういった場所でこういう店を構えた時点でそのことがどれくらい意味があり、価値があるのか?
自分の中では明確なものがあるのです。
都会で100個売るのと、地方でしかもここで1個売るのと、
単純に比較することはほとんど意味がないことですが、
自分がやっていることの意味や価値は自分で確認し、評価をしなければいけない部分も多々あります。

ここにわが店があり、ここに自分が立っていることでしか起こりえないシーンが山ほどあり、
そのシーンを創り上げるためのスペシャルな輩がこの虎穴のように潜む我が店目指してやってくる。
2年目に突入し、1年目以上に予期せぬ最高の時間をたくさん生み出すことができました。
売上は?・・・と聞かれれば目も当てられない状況ですが、
そういったものとは全く異なる領域の希望や光を頂戴しました。
本当にありがとう。

そこには賞賛の嵐も拍手喝采もない。
ただ淡々と時が流れ、うっすらとお客さんの微笑む顔が垣間見える。
ただただそれだけ。でもそれで十分なんだと思う。
それ以上に何が必要なのか?何の違和感もなく、ここに立ち、バーガー屋の主としてでかい面してお客さんを迎え、送る。
あーしたい、こーしたい、あーなりたい、こーなりたい。
もちろんないわけじゃない。いや、むしろ誰よりも強くそんなものを持っている。
だからこその今であり、今後描きかけているものをより鮮明におもしろく打ち出すために、
また来年も誰が何と言おうとCENTER4の主は虎なのである。
EARLY BIRDの獅子、FRANCHESCAの牛、君らにはまだまだ到底届きませんが、
いつか君らの尻尾にかじりつきますけぇ、覚悟の程。

年末だろうが年始だろうが何も特別なことはありませんが、自分にはちょっくら期するところはあります。
まあ、そんなこんなでまた明日もバーガー焼かせてもらいたいなと思っております。
最高の瞬間、至福の時、どれくらい見れるだろうか?楽しみでなりません。。。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-12-31 17:40 | DIARY
<< STANDARD WORKS ... 雪 >>