The Television


f0122641_162019.jpg


先月より何度か連絡を受け、バタバタと決まった取材の依頼。

テレビ愛知の旅番組。。。あまり細かなことを聞くことも無く、
なんとなくこのタイミングで通っておかねばならんかと思い承諾したこの話。
先方からのけっこう無理のあるオーダーにも対応し、
メニューには無い特別なバーガーなんぞをやってみることに。
そういったことがかなり嫌いな性分ではあるが、
それは置いといて、自分がどれぐらい対応できるか?
この店がどれぐらい対応できるか試してみようかと。。。

取材日の4日前に出演が決定し、
そこからほとんどない自分の引き出しをひっぱり出してあさってみる。
料理でも何でもそうだが、イマジネーションのチカラしかない。
時間があるわけでもないので、試行錯誤にも限界がある。
やったことのないことでも見たことがあるもの、どっかで聞いたこと。
そんなことを自分の感覚とイマジネーションで実際にやってみる。
何が違うのか?何がずれているのか?何がいいのか?悪いのか?
味や作業工程の中でその原因を一撃で判断する必要がある。
一撃でどれだけでも情報を掴んで2度目で◎にする。
さらには放映されること、テレビのブラウン管を通してどんな風に映り、
それを受け止める人がどんな風にそれを捉えるのかも加味する。

そんなこんなで、取材は明日なのです。
1,2時間のことでしょうがこういう取材というもの自体を
100%満喫するのです。。。
[PR]
by tiger-center4 | 2008-09-11 15:29 | DIARY
<< ホトちゃんには会えませんでした Original >>