カテゴリ:DIARY( 60 )

さあ、始めようか・・・

f0122641_1830349.jpg


と思う。
既に店はオープンして一年を経過し、もちろん店はとっくに始まっているわけだが、
今ここへきて「さあ、始めようか・・・」とやっと思えたりする。

先月のイベントも無事終了し、
これから迎える厳しい冬に向け、本腰入れてやろうかね、と。
そう、やっといろんなものがきとんと見える状況であり、状態になったと。
やっと埋もれに埋もれていた状況から掻き分け掻き分け、
さあどうしたもんか?と全体が見える位置へ這い出た。
ベースもそれなりにできつつあり、そいつを今度はどんな風に手を加えるのか?
そして、どこぞやに妙にお待ちになられておる愛すべきド阿呆もおるわけで、
そんなこんなをどんな風に形にしていくか?クリエイトしていくのか?
とっても楽しみなわけです。

時間はいくらあっても足りない。
こんな生き方を、こんなやり方を、こんなスタイルを、と決めた以上、
かっこ悪かろうが、情けなかろうが、自分が価値あるものと判断したもんを
自分の人生かけて全力で表現し、世に向け放つ。
半端なことではできなかろうことを、半端じゃない奴等と共に創造したろうと。

さあ、始めようか・・・・
[PR]
by tiger-center4 | 2007-11-05 18:26 | DIARY

IN KIYOSATO

清里への遠征、行ってまいりました。
遅ればせながら画像と共にアップします。

f0122641_15164657.jpg

f0122641_151715.jpg
f0122641_1517109.jpg


f0122641_15172130.jpg

うちのブースはこんな感じ。↑
そして、噂のEARLY BIRDはこんなふてぶてしい?感じ。↓
f0122641_15173047.jpg


無事帰還しました。。。
というほどにいろんな意味でヘビーな3日間でした。

今年2月に福岡のEARLY BIRDで行った期間限定販売とはまた違う形での出張。
チカラが入らないわけがないのだが、なんとも情報がほとんどない状態で、はじめての野外イベントでの出店。
環境はある意味かなり苛酷。
水場は遠い、ストックできる冷蔵庫や冷凍庫はほとんどなし、販売予想を立てるにも過去の出店者データもなし、スタッフも臨時招集、
こんな状況で引き受けたオレもオレだが、それに追い討ちをかけるように天候も開催前日が雨、気温もかなり低い、
ブースの設営もままならない、ぶっつけ本番、えいやっ!!でどんだけできるんか?
どんだけCENTER4を表現できるんか?本当にチャレンジだった。

肉体的にもかなり負荷がかかったし、初めてのことは何かと都合の悪いことが起こるわけで、
そんな中、こういう状況の中でやれることはやった。
結果として、内容として、イベント自体に貢献できたわけでもなく、いやむしろ足を引っ張ったかもしれない。
ものすげー悔しいし、残念だったが、これが現状だと。まだまだなんだということ。
ただ、そんな結果であっても実は自分の中では不敵な笑みが止まらない。
初めての経験だっただけにアホんごと発見があった。とにかくやってよかったと自分の中では思っている。

もちろん、この先あるのか、ないのか、
福岡のEARLY BIRDと同じ舞台でのイベント参加はまちがいなく貴重であり、有意義そのもの。
出会った頃とはまた違う、ただその熱きものは変わらず、
アホな話、暑苦しい話、シビアな話、そんなもんが繰り広げられる時間は格別。
彼がしかける表現や展示、空間、言葉、存在自体が放つ力を直に感じられる。
それに加え、はるばる福岡の大牟田からやってきたFranchesca&Co.オーナーの牛女。
これまた嬉しき時間であり、久々に会う牛女はなんだか一回りでかくなったような・・・。
お客さんとの嬉しき再会もあった。
静岡から来てくれたご夫婦。完全アウェーであり、うちの店を知る人間は皆無に等しい。
さらにはなかなかうまくいかない過酷な状況の中で、
彼らの顔を見た瞬間、なんだかやっとうちの味方に会えたようなそんな気がして、
このイベント期間中、はじめて素になったというか、高山からやってきたということ、
実店舗があり、そこをベースに表現を重ねてきたことを思い出すことができた。
わざわざ遠路はるばる顔を出してくれたことにとても嬉しくなり、
テンションは上がる一方。本当にありがとうございました。
そして、このイベントではじめてCENTER4と出会った方々。
2日間にわたりご来店頂き、ハンバーガーを食してくれた方、
食後にわざわざ自分の前までやって来て、
「ご馳走様でした、おいしかったです」と告げていかれる方、
普通に食した後、帰り際に再度立ち寄り、テイクアウトされる方、
「いつもブログを拝見してます。応援してますんで・・・」と差し入れまでしてくれた方。
数は多くなくとも、そういった方々には確実に何かが届いたのだと思う。

そんなこんなでいろんなもんがギッシリつまった時間。
いくらカネを積んでも獲得できないもの。確かに頂きました。
イベント関係者の方々に感謝すると共に、
出店に伴い、第一にサポートしてくれたスタッフ各位、母+犬に感謝したいとそう思います。

こういう機会をもらえたお陰で、意識の高まりをより一層のものとし、
表現することには終わりがないこと実感することとなりました。
今度はいつどこでどんな表現をし、届けていくのか?いけるのか?
自分に期待して止まないのです。。。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-10-24 15:28 | DIARY

特権

先日ご来店頂いた、アメリカからの旅行客5人組。

「食事の味、この空間のセンス、抜群だ」
「日本食がまずいわけではない、いやむしろうまいけど、それでもやっぱり僕らはアメリカ人だから・・・」
「アメリカにはバーガー屋たくさんあるけど、この店がアメリカにあったとしても、絶対ここに通うよっ!!」

帰り際にわざわざカウンターの席へやってきて、
英語が話せるかを確認するやいなや、怒涛のように浴びせられる言葉たち。
その前にもホールで接客をするスタッフとやたらと笑顔で話をしている。

大袈裟に、誇張して、そう表現したのかもしれない。

それでも自分が届けたい何かがこんな場所でこんなやり方で進んできた店によって伝わる。
大袈裟でもなんでもいい。この感触や感覚は、他のどんな店、空間でも味わうことができない。
自分が自分でおっぱじめたことで得られた最高の特権だと思う。

そう、これからも深く深くえぐるのだ。。。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-09-24 23:22 | DIARY

NEXT

f0122641_17445789.jpg


本日、無事1周年を迎えました。。。
いろいろと振り返ればきりがないんですが、ほんの一瞬はそこにひたってもよかろうかと。
がしかし、1年よくやったというよりも、やはりそれと同時に2年目なわけです。
もうすぐそこに明日があり、留まってるわけにもいかんのです。
常にどんなときでも次なんです。
過去の自分はある意味どうでもいいっちゃーいいわけで、
今の自分が昨日の自分より少しでも成長し、前進しているかが大事なわけです。
そんでどーするよ、オレ?って毎日のように思うんです。

まだまだ自分が満足するような位置にいるとは決して思えるわけもなく、
まだまだまだ、やりたいことは山ほどあったりする。
今ここでこういう形で物事をしていることも、
いってみればそういうもののためにやっている。

2年目に突入するCENTER4。。。
10月にはまたもや高山を飛び出してイベント参加予定です。
ただただモノを売って、売り上げを上げ、有名になり、地位を得て・・・・
といったことではない、自分の中にある大事なソレを形にし、伝え、
自分でしか成し得ないものを創出していくことが全てかと思っております。

何の枠に縛られることもなく、オレの自分勝手で進んでいく店。
いつまで続き、どんな形になり、どんな場所へいくのか?
どんな状況になっても笑ってやって下さいな。。。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-08-25 18:02 | DIARY

飛び道具

f0122641_20172247.jpg


福岡まで届けようかね~。。。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-08-24 22:07 | DIARY

8.25

f0122641_2003364.jpg


もう少しでCENTER4がOPENして1年が経とうとしています。

たまに聞かれます。「一周年記念で何かしないの?」とか
「一周年を利用して・・・」なんて。
普通だったら広告を打つなり、常連さんをご招待してとか、そういうのやるんでしょう。。。

でもあっさり答えます。「うちはそういうのしないんです」と。

もちろん感謝してます。この一年やってこれたのもご来店頂ける方々のおかげ。
でも、その思いを何かの安売りや、
金銭的な還元でお返しするのはうちのスタイルではないと。

“ ○○周年記念セール!!! ” などと謳って、
それを目当てに押し寄せる人々。そんなときだけやたらと込む店。
当たり前のようにやってきて、それを当たり前のように受け入れる人々。
なんだかおかしい。。。人に感謝するとはそんなものなのだろうか?
人の思いを受け取るとはそんなものなのだろうか?

自分がどこかの店を気に入り、常連になったとして、
自分ならそんなサービスや値引き、イベントなんかはいらんと思う。
もちろんモノが安かったり特別な待遇を受けることは嬉しいに決まっている。
それでも、むしろ自分たちのご褒美に店休んだら?とか、
自分が気に入った店がもっといい店になるように何かに使って欲しいとか、
そこの店が描くものをもっと高い次元で見てみたいからそこに注いで欲しいと、
自分の場合、そんな風に思うわけです。
“一周年記念により、休業致します” そんなんもおもしろい。
その代わり、その後ものすごい展開をみせる店・・・とかもっとおもろい。

自分の店がそんな風に思ってもらえるようなことができているとは言い難い部分もある。
が、常日頃から感謝の想いを十二分に乗っけてバーガーを焼き、お客さんを迎えている。
お客さんのためといいつつも、数字のことばかりを気にして、
気に入られるためのなんじゃいかんじゃいを仕掛けるつもりは毛頭ない。

綺麗ごとばかりの内容かもしれない。
それでもそんな店、そんな自分についてきてくれる方々が少なからずいる。
そんな方たちのためにも、金銭的な還元や、イベントではなく、
今後の展開含め、お客さんにとってより一層価値がある店となれるように、
そういったものへ時間や体を費やしたいとそう思うのです。。。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-08-11 20:01 | DIARY

どーしたい???

めっきり、更新が減りつつある、このブログ。。。
すっかり眠りこくっている虎。。。

お蔭様でこの時期何かと忙しくさせてもらっているわけで、
そんな中、ブログで文章にして発信していったものを確認していく毎日。

俺の思想や発想が、頭の中だけで終わっていないか?
今、目の前で起こっている現実がどれだけそこと結びついているのか?
結果としてどんなことができ、どんなことができていないのか?
小さなプラン、大きなプラン、何をどこまで追いかけ、表現していくのか?
ひいては、飲食店ってなんなのか?なんてことも・・・

ある意味、決まりごとなんてのはほとんどない。
うちの店を飲食店っていうものに無理くりあてはめる必要もない。
「こうしたい」ってのはあっても、「こうしなければいけない」ってのはない。

問題は、売り上げや客数などでもない。
問題は、ここに立つ自分自身の在り方、店自体の在り方だと。
どんな人と話してもたいがい売り上げを上げる方法や手段の話ばかり。。。
そんなことばかり追いかけて、実際売り上げがあがりゃーそれでいいんか?
売り上げ上がって、客数が増えて・・・ん、それで?って。
そういうものを追いかけるならこういう場所で、こういうやり方は始めからしていない。
自分が何を見つめ、何をするべくここでこういうやり方をするのか?
別に誰かに話したいわけでも、聞いてもらいたいわけでもない。
ただ、それが伝わり、理解できるような結果や、空間がそこにあればそれでよい。
まだまだそういう状況には程遠い。。。

うんざりするような日々が続き、投げ出したくなることももちろんある。
ただ、厳しい冬が来る前にやるべきことは山ほどあるわけです。。。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-08-10 19:53 | DIARY

WORDS





       ほどほどで満足するなら、いつでも勝てる



                                     Nicolo Machiavelli (1469~1527)
[PR]
by tiger-center4 | 2007-07-10 15:51 | DIARY

TREASURE HOUSE

f0122641_1862767.jpg

                                        167×78
                                     3枚の布を接いである。
                                      これ、良くない???
f0122641_18111023.jpg

f0122641_1874065.jpg
f0122641_1882358.jpg

f0122641_1855738.jpg

[PR]
by tiger-center4 | 2007-07-06 18:28 | DIARY

臨時休業

f0122641_17425076.jpg


明日は臨時休業。。。

今までにそんなことはしたことがない。唯一、福岡での出張販売のときだけ。

体調でも崩したか?はたまた変な病気にかかったか?友人の結婚式か?バカンスか?
とご心配の方もいるとは思いますが、今のところ、私的なことで店を休むつもりは全くございません。

今回もやっぱり仕事絡み・・・
こんな場所で、こんなやり方をやってきたからこそなのだろうか?
世には本質を見抜ける方が少なからずいらっしゃるわけで、最近はいろいろな話がちらほらと。

明日はまた、今までにあまり縁のない土地へ行ってくる。
店にへばりつきな日々だけに、少し楽しみではある。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-06-26 17:45 | DIARY