カテゴリ:DIARY( 60 )

満タン

f0122641_2331059.jpg

昨日、今日はここ高山では全国的にも有名な春の高山祭り。
この2日間、久々に充足感のある仕事をさせてもらった。
売上がどうこうということではなく、とにかくいい仕事ができた、CENTER4 を届けられたという思いでとても満たされている。。。
ご来店頂いたたくさんのお客様、本当にありがとうございました。
それから、この空間を共に作り上げたスタッフ、今まで支えてくれた周りの方々に感謝の思いでいっぱいです。
(まだ店を辞めるわけではないですよ)

ここ数ヶ月は本当に我慢の日々だった。
お客さんの数が少なくても一つ一つ、一組一組を大事に、
とにかく100%届ける作業をやってきた。クソんごと暇な日でも。。。。
そういう意味ではやりきっていると思っていたが、常に体が、ハートが叫んでいた・・・・
「もっと焼かせてくれっ!もっと仕事させてくれっ!」と。

まだまだ知名度も歴史もない、高山という町にあるハンバーガー屋、CENTER4 。。。
うちの店を目指して来た人はこの2日間、地元の方以外はほとんどいないと思う。
それでも通りすがりでもなんでも、この奥まったまさに虎穴のようなこの店の扉を開けてくれた人たち。
遠方からのお客様はそうそう来られる場所ではないだろうし、
ましてや海外から来たお客様にいたっては一生に一度かもしれない。
どんな店でも2度チャンスはないというが、
ここの場合は1度のチャンスを最大限に生かし、評価を受けたとしても、2度目はない可能性の方が非常に高い。
それでも、いや、だからこそ、その1度きりの出会いやチャンスを大事にしたいと思って日々厨房に立ってきた。
店を経営する上でこれほど厳しいことはないだろうと思うが、敢えてそれを選んだ。
そんな環境、状況の中でもとにかく、内容のある店、内容のあるモノ、内容のある空間を届けたかった。
その姿勢やスタイル、ここに店を構える意義、そんなもんも何もかも全部ひっくるめて、
これでもかっ!!てくらいに自分の店を表現し、人の心に突き刺さるような何かを店を通じて届けたかった。。。

忙しい中でも、自分が店を構え、そこへ偶然にもやってきた人たちが、
たかがこんな小さなハンバーガー屋に最高の笑顔をくれたという事実。。。
小さなお子さんを連れたご家族、外国人の方、若いカップル、年配の夫婦・・・・
ホントたまんねー。表現が不適切かもしれないがホントたまんねーんよ、オレ。涙が出てとまらんほどよ。
こういうことを書いたり、言ったりするんはカッコ悪いとか、サブいとか・・・・
世の中そんな冷え切った風潮もオレにとっちゃー大いに結構。そんなのおかいまいなし。
繁盛してるそこいらへんの有名店の人たちや、メディアにひっぱりだこの誰それよりも
どんだけでも自分の店と向き合ってきたつもりやし、時間も金も、体も酷使してやってきた。そこだけは自信をもって言える。
そんなこと声を大にして言ったり、わざわざ書くようなことでもなく、自分にしてみりゃ当たり前なんだけどね。
それでもおやっ???と目を疑うようなものや、いろんな意味で安易なものなんかも溢れる今の世の中。
どこかおかしかろう?!と。だから、オレの店はこんなだ。

こういう日々が続くことは現段階では有り得ないことだが、
こういった日々がまた、店を自分を肯定してくれる要素となり、更に前進するチカラをくれる。
また厳しい日々がやってくるかもしれない。らしくないことをしようとするような状況がやってくるかもしれない。
そんなときは、この今の心境を思い出したい。
どんだけビッグになったって、どんだけの富を得たって、大事なことは自分のハートの中に確かにある。。。

今日はお疲れ様。本当にたくさんのアリガトウを胸に、また明日からもいつも通り厨房に立つ。。。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-04-15 23:25 | DIARY

ウマイバーガー ・・・ ¥時価

f0122641_17451845.jpg

とにもかくにも「ウマイっ!!」と、そう言われたい。
「このバーガーはここがこうでここがああだから」・・・とか、
「○○の宝石箱やー!!」・・・みたいなんは全くいらない。
ウマイけど内装が・・・とか、ウマイけど高い・・・とかいろいろ付随するものはあるだろうが、
何はなくともまずはそこであろうと思う。いや、むしろそこしかなかろうもんと。
逆にカッコいいけど・・・、安いけど・・・、みたいなんは聞きたない。

人はウマイと思ったときはウマイと言う、もしくはウマイという表情をする。
ウマイというのは非常に曖昧な表現なようだが、決してはそうではなかろうと。
どんな饒舌な表現よりも重みがあるであろうと。
人の感覚ってのは厄介なもので人それぞれ千差万別だが、
数多くのお客さんのリアクションを見てくると
趣味趣向とかいったものより、食に対する「ウマイ」ってやつは人の感覚の中において、
どんなものより絶対的であったりするのではなかろうかとさえ思うときがある。

スウィーツを食べてウマイ。。。
焼肉を食べてウマイ。。。
酒を飲んでウマイ。。。
セロリを食べてウマイ。。。

それぞれにウマイ理由は違えども、そこに流れる脳がウマイと感じる何かに差はないと思われる。
だからうちの店は、どんな素材で、何風で、何年モノで・・・とかじゃなく、
ただただ、ひたすらに「ウマイバーガー」でありたい。
というかメニューの「HAMBURGER」のところを「UMAI BURGER」に変えられるくらいになりたい。。。
いや、いっそのことまずは店名を「UMAI HAMBURGERS」に変えようかね???
[PR]
by tiger-center4 | 2007-04-12 17:45 | DIARY

春、ウラララララ・・・・

いや~、暇ですな~。
やっとこ冬が終わりかけ、春の足音が聞こえてこようかという時期にも関わらず暇です。
周囲の方々も口を揃えて、選挙だの、高山祭りの前だのということで?暇らしく・・・。
東京や福岡のみんなが来てくれないから、もうそろそろつぶれそうです。。。いや、いじけそうです(笑)。いや、くじけそうです。。。

来週の土日は高山祭り・・・うちも変に賑わってしまうのでしょうか???
今年はうちにとっては初年度なんで何もかもが初めての経験。
一日として同じ日はないわけで、指をくわえてただただやり過ごすのはもったいない。
ある意味特殊な場所を自ら選んだわけで、
今までの経験や自分の計算では計りきれないものがたくさんあり、それがまた自分の血とナリ、肉とナリ。
もちろんいろんな面で、ジレンマのようなものや納得がいかないものもある。
それでもそれも含めて今のCENTER4だと。
いいことやいい結果ばかりに目をやるのではなく、
目を背けたくなるようなものにこそ何かが潜んでおると思う。

現時点でのこの時間は非常に貴重。
店のスタンス、自分のスタンス、今後の展開を含め微調整をしつつ、
相変わらずな自分のアレをより強く、熱く表現していく術やスタイルを模索する。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-04-09 13:21 | DIARY

WORDS


f0122641_18162534.jpg
             


この言葉。
オレが作る店のロゴやカードにはもれなく着いてくるヤツ。
お客さんに意味を聞かれることもしばしば。
それを答えるたびに、自分のその想いを再確認するオレ。
これがなくなったら終わりかな?とも。

結果ばかりを想像し、萎縮するようなことはしたくない。
萎縮している暇がありゃ、結果を好転させる努力をしたい。

負の要素をアホんごと並べて動かない自分を肯定したくない。
負の要素をアホんごと並べて、それを全部リュックに詰めて抱えて走りたい。

目に見えるものばかりに気をとられ、そいつらに動かされたくない。
目をつぶりながらでも、感じる何かを追いかけてバリバリ動ける自分でいたい。

疲れた顔をしながら、ただただ人とモノ、金が自分の前を通り過ぎていくようなことをしたくない。
「おいしいです」と笑顔で言われたお客さんに、「そーなんです、うまいんです」とそれ以上の笑顔で返せる自分でいたい。

「CENTER4」 というものと、この言葉にはそんなもんがぎっしり詰まっておる。
(もっともっとあるんやけども・・・・)

ユーも一度騙されたと思って、虎穴に来てみるといい。騙されるから・・・(笑)
[PR]
by tiger-center4 | 2007-04-05 18:21 | DIARY

TOKYO

f0122641_13131988.jpg

TOKYOのハンバーガー業界が変に盛り上がっとるらしい・・・
ハンバーガー専門店の数もここ数年で急激に増加、
ましてやメディアがこぞってそれを取り上げ、ちょっとしたブームになり・・・
今ではファミレスやら、カフェやら、どこでもアッパーなハンバーガーをメニューとして販売する有様。。。
なんとも節操のない状態。売れればなんでもいいんかい?と。
ちょっとメディアが取り上げればすぐにそこに便乗してあぶく銭を稼ぎ、市場を荒らし。。。
とってもよろしくない都会のサイクル。そしてそれを助長する方々。。。
今まで古くから、流行らぬ時代からその市場を作り上げるべく我慢を重ね、努力を重ね育ててきた・・・そんな人たちがいる。
そんな人たちにとってはただならぬこと。
アッパーなハンバーガーのイメージや価値を大事に作ってきたのにそれを損ないかねない状況。

そんな状況をそれほどリアルに想像していたわけではないが、
TOKYOにいながらにしてなんとくではあるが自分はそれを予見していた。
そして、オレの場合は東京でやるっ!とかどこそこでやるっ!という場所や土地ありきで出店地を決めたわけではなかった。
オレがオレの店をやるための場所を探していた。。。
どれだけ意志を強くもっていたとしても、その市場、環境に影響を受けないということは有り得ない。
だから、TOKYOで自分が出店したときをイメージすると、きっと自分の店はできないであろうと思っていた。
やたらと必要以上に他店と比較されたり、周りを意識して店を構成するというのが当然となるわけで・・・。
そうなってくると本当の意味で自分の店はつくれない。
だからといって飛騨高山ってのは、またぶっ飛んだことをしたと自分でも思うわけだが。

決して高山でやっているから関係ないということもなく、
都会でのハンバーガー業界の動向や諸先輩方の動きも気になる。
高山にいるからこそ、都会の動きにアンテナを張り、次の展開への肥やしにしたいと。
周りにそういった方々がいて、自分がTOKYO育ちの人間であるということはある意味で大きな強みだと思う。
こういう荒れた状況になればなるほど、本当のチカラが試されるわけで、
一昔前に流行ったカフェがそうであるように激増し氾濫したものは、
適正な市場規模により当然のように淘汰され、落ち着くところへ落ち着く。
この飛騨高山にあるCENTER4は、オレの店として、あるべき姿を常に模索していく。。。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-03-29 13:16 | DIARY

Spring has come ???

f0122641_1823712.jpg

だいぶ店が落ち着いてきたな・・・・と、最近なんとなく思う。
やはり時間というやつは伊達ではなく、CENTER4というお店がここにあることが当たり前になってきたような。。。
俺自身も何の違和感や抵抗もなく、ここに居続けることができる。
そうできるように店自体をコントロール、調整してきたわけで、それが現段階においてはそれなりに機能している?ということだろうか。
どんなことをやる上でもそうだが、その環境作りが最も難しいことであり、同時に最も重要なことだと思う。
ただただやっていればそうなるってもんじゃないけね・・・。

ただただ時間を費やせば子供はオトナになり、種は大きな木とナリ果実を実らせ・・・・というわけにはいかない。
そこには、その過程には、そうなるように栄養を与えたり、水を与えたり、やさしさを注いだり、厳しさを教えたり・・・・。
たくさんの要素が必要だ。その要素たちの結果が今となり現れる。それは、オレの店も然り。

オーナーである自分自身が目指す店舗像やその段階ごとでの方向性を模索し、いかに創造し、実行できるか。。。
全てはそこにかかっている、といっていいと思う。
それ次第で得られるものは1であったり、100であったり・・・ときにマイナスだったりする。。。

店にも人にもいろいろな段階がある。
その段階に応じたものを投下し、それらを導けるようなオーナーでありたい・・・いや、になる。
「CENTER4は次に何を欲しておるのか???どこへ向かうのか???」
厨房に立ちながら、バーガーを頬張るお客さんの顔を横目に、
そいつがいつもオレのアタマを駆け巡る。。。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-03-28 18:07 | DIARY

光源

f0122641_16295648.jpg

どもども。すっかり更新のペースが遅くなってきている今日この頃・・・。

どうも体調がすぐれず、とんでもない虚脱感に襲われるのです。
持病の腰痛のせいなのか?はたまた変な病気にかかったか?
なにはともあれ、自分しかやる人間はここにはおらんので、とにかくやるですよ。
いつ上のほうからお呼びがかかってもいいようにね。

それはそうと最近、うちの店のご近所に出店される店が1つ、2つと現れて。
メインの古い町並みの通りとは違い、車は走るわ、歩道はないわでかなり厳しい環境ではあるのですが、ポロポロと出店されております。
何か始める方がいるというのは、活気付いたりする面もあり、とてもいいことであります。
が・・・・オーナーさんとお話をさせてもらってもなんかね・・・・。
自分の好き嫌いがどうこうでもなく、店構えのスタイルやら商売のスタイルがどうこうでもなく、
ましてや扱っている商品がどうこうでもない。。。
なんか伝わってこんのです。そういうもんは伝わらんでもいいかもしれんし、
オレだけが感じてないモンかもしれん。ましてやそんなモンなくたって商売はやっていける。。。

でもね。。。でもね。。。
そういう状況をなぜか、なぜだかとんでもなく危惧するのです、オレは。。。
大事なモンを忘れとると、必ずそいつに喰われるゾと。

じゃあ、ワシはどうか???まだまだやねワシも。
人の心配しとる場合でもないんで、こういう感情や心境も自分のコヤシにするんです。
オレの周りにもね、ものすごい勢いで物事に向かっておる輩がおる。
そいつらのもってるモンは、ものすごい輝いておる。鈍い光だが、一瞬の輝きで終わらん確かな光。
そういうモンを備えた輩は、人の心を確実に揺るがしよる。
オレも頭のテッペンが輝きだす前になんとか・・・・
[PR]
by tiger-center4 | 2007-03-20 16:40 | DIARY

座れませんけど、なにか?

f0122641_170487.jpg

床面積が・・・
天井からイスがぶら下がってる飲食店・・・こんな店、他にあるんやろか???
[PR]
by tiger-center4 | 2007-03-16 17:11 | DIARY

OPEN !!!!

f0122641_1654321.jpg

もう、床面積とれません。。。
どうしても上へ上へ・・・そう、上へとなるのが必然なわけです。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-03-16 16:56 | DIARY

Welcome !!!

当店の入り口付近はひとまずこんな感じに・・・
f0122641_1755269.jpg

f0122641_15481260.jpg


ほんとは雨具とか、かけるとかっこいいんかな~?などと思いつつ、やっぱりオーバーオールは外せないのです。
そして足の悪い方、当店で骨折された方、捻挫された方には松葉杖をご用意っ!!
ここまで気の利いた店が今まであったでしょうか?

うちはそんなお店です。。。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-03-10 15:51 | DIARY