カテゴリ:SPIRIT( 36 )

安定感のある仕事?


「腕に自信があって、こんだけうまいもん出すんだから、あとは場所だよ・・・。」
なんて言われたりする。。。

まあ、確かに・・・と思う。
人通りの多いところや人口がもっと多い都市部でやれば、ある意味間違いない。
でもその間違いないっつーのは、売上やら、客数だけの話なわけで、
オレはそれだけのために店を持つなんてしたくはない。
そんでもって、そんな安易なもんで店を持つなんて、そんなことほどおもしろくないもんはない。
そんなもんにオレは本気にはなれない。
だから今の段階でやるべきことはそれではないだろうよ、オレっ!!と思ってる。

もちろん売上や客がないことには生活できんし、
それ以外で描いていることなんて実現できやしない。
オレはただの夢想家でも、生活を犠牲にして夢を追っかける夢追い人でもない。
んでもってバーガー職人でもない。ただの飲食店を経営する個人事業主である。
だからいくら理想が・・・とはいっても、それだけで突っ走るようなおバカさんではない。
今やってることも結果と内容が伴い、実利が出て始めてミライがある。

人と違った道ややり方を貫き、成果をあげることは容易なことじゃないし、不安も並大抵ではない。
時に大きな誤解を受けることもある。
注目されたくて、奇を衒ってそんなことをしているわけでも、高山でバーガー屋をやっているわけでもない。
見る人によっちゃー、和の町並みにアメリカン、そば屋とかばかりの中にバーガー屋。
とても安易な思考でこの店を始めたと捉えられかねないが、それはそれでもよい。
大事なことは、それがどう見えるのかではなく、自分がどうあるか、ということ。
そこがきちんと理解できていれば、必ずやその意味やその価値を体感する人が増えていくとオレは信じている。

実はね。腕に自信があって、旨いもん出せるんだから、そう、だからここなわけですよ。
自信がなけりゃこんなとこでできません。
もちろん、一般的な方々が思うような、
店出して、一儲けして、札束片手にわしづかみして、ガハハハ、みたいなんはここにはないと思う。
でも最初からそんなもんはいらんのよね。そんなん楽しくもなんともないから。
人それぞれ価値を置くものは違う。
オレのそれはちょっと異常なのかもしれんが、
そんな異常なもんに魅了されたり、衝撃を受けたり、最高の笑顔を引き出されたりする人がいるという事実。
そんなもののためにオレはアホみたいに毎日同じような日々を繰り返し、体を使い、人生という限られた時間を使う。
とんでもなく非効率的で見る人が見れば、かわいそうなヤツだと言われかねないが、完全にアホかもしれんが、これがオレ。
そこに価値を感じ、それが欲しくてたまらんのです。
どんなに安定的な仕事よりもオレはこれを選んだ。
オレ基準で言えば、これがオレにとって一番安定的なわけです。。。。

f0122641_2226260.jpg

[PR]
by tiger-center4 | 2007-01-15 18:31 | SPIRIT

喰らうとよい

そうそう、こういったやつをね~。

f0122641_164348.jpg

[PR]
by tiger-center4 | 2007-01-08 16:05 | SPIRIT

snow snow snow !!!

やっぱりきましたな~。
先日よりもまたワンランクUPしたやつが・・・。
去年はこんなもんじゃなかったんだけど、店はもっとらんかったから、
特別意識せずになんとなく、よーふりよんなーとくらいにしか思っとらんかったけども。。。
やっぱり店を持つといろいろとね。
まず駐車場や店の前の通りの雪かきはもちろんのこと、
光熱費やら売上やらと影響がないわきゃない。
だけどもなんだかテンション↑なオレ。。。
f0122641_1225250.jpg
f0122641_1232860.jpg
f0122641_123532.jpg


いつからだろうか一見ネガティブな要素もそれが内包するポジティブな要素を拾い上げる癖が。
こんな雪の中でも客ってくるん?来たらちょっとすごない?みたいなドキドキ感やら、
客来んかったらあれができるな・・・とか、
店の経営自体にどっぷり浸かるんじゃなくて、フカンして見るっつーかな。
オレの人生の一部分でしかないわけだからね。
そいつと自分自身が同化してはいけないわけよ。
もちろん遊びでやってるわけでもないし、そんなあまっちょろい考えでやってるわけでもない。
ましてや余裕なんてありゃしない。
それでもそんなときにオーナーとしてどんな心持ちでいられるかはとても大事なこと。
その状態が店の空間や提供するものに大きく反映するのは間違いのない事実。
厳しい状態の中でもどんと構えていられるか、
企業努力や発展へのシナリオをきちんと描いているか、
いつも試されている、物足りない腹ペコの虎、そんな状況が実は一番やりがいがあったりする。

店を操り、店を楽しむ。
どんなに忙しくても、どんなに暇でも、どんなに流行ってもそのスタンスは変わらない。。。
[PR]
by tiger-center4 | 2007-01-07 12:07 | SPIRIT

津屋崎の獅子

このブログを立ち上げたからには、この男のことを書かないわけにはいかない。

福岡県は津屋崎におる獅子。
この男、はっきりいってただもんではない。
いろんな場所、組織でいろんな種類の人物に会ってきたオレだが、半ば諦めかけていた。
こういう男はおらんであろうと。。。
オレにとって、こんな男にこのタイミングで出会えたことは何よりの宝。
いないであろうと、出会うことはないであろうと、そう思っていたから。

彼との最初の出会いは去年の今頃だろうか・・・。
オレが長年探し求めたホンモノがそこにはあった。
店に入った瞬間オレはそれを感じ取った。やっと出会えたと。。。
ホンモノを知り、ホンモノを扱う、ホンモノの男。

実際に会うことは距離的に難しいが、
こっちも行くときゃ行く。あっちも来るときゃ来る。
うちらの関係にいっさいの飾りごとや言い訳じみたものは必要ない。
会って話せばもちろん、電話で話していてもとめどない。
何かを確認し合うように、お互いの気持ちと体を後押しするように・・・。

わからない人にはわからない世界。
感じない人には感じることのできない世界。
そんな世界観が誰にでもあることと思うが、
それをきっちり形にしたり、言葉にしたりして表現できる人は数少ない。
それを世間がどう見ようが、社会がどう判断しようが、どんな見られ方をしようが、
彼は自分のそれを届けるチカラを持っている。
きっちりと自らの体と言葉と魂を持って表現する彼の姿は、獅子そのもの。
オレがこの店を立ち上げるにあたり、その勇姿(融資ではない)にどれほどの後押しを受けたことか。
彼と話す度、彼と会う度、いつも再確認させられる。
オレはどうか?虎は眠ってやしないか?と。

熱い思いやハートを言葉にしたり、体現することが恥ずかしいとか、寒いとか・・・
今の世の中そんな風潮が蔓延しているが、オレらにはそんなもん関係ない。
どんだけひかれようが、さぶかろうがお構いなし。
そんなもんに立ち止まってる暇はない。時間はいくらあっても足りない。
体もいくらあっても足りない。。。オレらのような人種には。
社会がどうこう、他人がどうこう、流行がどうこういう前に己だと。

そんな獅子がどんな獲物を見つけ、狩りを行い、喰らいつくのか。。。
きっととんでもないデカイ獲物をひっさげてねぐらへと戻る。
オレにはそんな画しか想像できない。。。

f0122641_19281622.jpg

[PR]
by tiger-center4 | 2006-12-28 19:31 | SPIRIT

特別な日???

Merry Christmas !!!
f0122641_15525360.jpg


こんなオレにはあまり関係のない日ではある。
店で客集めや売上UPを狙って特別なにかやるわけでもない。
もちろんキャンペーンみたいなんで告知して、なんかサービスで出したりすりゃ
それ目当てで客がわんさか来たりなんかもするんでしょう・・・。

売上が決していいわけじゃない。いや、むしろ悪い。
でもオレはあんまそんなん好きじゃないんで、やらない。
特別なサービスを受けられるから、とか、いつもより安いから、とか、そんな理由でお客さんを集めたいわけではない。
「クリスマスキャンペーン!!!」、「クリスマス特価!!!」 なんて張り紙はどこにもない。
うちの店はお値段もそんなかわいくない。
それでも特別なものがなくても、特別な日にうちの店を選んでくれるお客さん。
そんな人には当たり前のように感謝の気持ちをちょっとした形にして送る・・・。
うちの店はそれでいいんじゃないかな?と。
とんでもなくオレの気まぐれだが、そんな店だな、と。
事前に特別サービスをうたって、それを目当てにやってきて、
当然のようにそれを受けるお客さん。。。なんだかおかしい。

そんなオレがおかしいんか?まあ、どっちゃでもいい。
人に感謝するってのはそんなもんかな?とオレが思い、動き、
それに対して相手の笑顔がそこにあるのなら、それでいい。
[PR]
by tiger-center4 | 2006-12-25 15:55 | SPIRIT

Thank you !!!!!

f0122641_181875.jpg

感謝の気持ちを伝えたい。。。

日々流れ行く時間の中で、その思いを胸に強く抱いていたとしても届けることは難しい。

夜中、布団に入った時、仕事を終えて独りでカウンターに腰掛けたとき、ふと頭をよぎる想い。
オレ自身明日はどうなるかわからない。感謝したい人たちもどうなるかわからない。
だから言葉にして伝えなければと。。。

ほんの4ヶ月ほど前に店をオープンさせた。
オープン前の1週間は本当に地獄のようだった。
あんなに限界まで自分を追い込んだことは人生の中でもないのではないかとさえ・・・。
実際、オープン前日に倒れた。そんなことは人生で初めてだった。
店のイスを並べて横になり、このまま入院して・・・オープンできずに・・・なんて考えていた。
が、なんとか数十分で回復して最後の追い込みをかけてなんとかオープンにこぎつけたオレの店。

気づけば今は当たり前のようにお客さんを迎え入れ、オーナー面して厨房に立っている。
たくさんのお客さんの笑顔とスタッフの笑顔。
遠方からわざわざかけつけてくれるたくさんの仲間たち。
ぶっ倒れてもやり通すと覚悟を決めて突き進んだあの日々。
自分独りの力では到底なしえない数多くの事柄。
なんとなく流れていく日々の中、忘れたくない想い。
まだまだ満足してはいない。だが納得はしている。
そんな状況でいられる、そしてまだまだがんばれる。

そんな環境、そんな自分でいさせてくれる最高の仲間たちに感謝したい。
思うだけではなく、どんな形でもそれを表現して届けたい。
今からでも遅くはない・・・。とにかく今はそう思う。
[PR]
by tiger-center4 | 2006-12-21 18:03 | SPIRIT