ホトちゃんには会えませんでした


f0122641_16554431.jpg

というわけで、こんな番組でございました。
テレビ愛知っつーこともあって、愛知県内しか流れないホトちゃんの番組。

よくありがちなディレクターさんとカメラマンさんの息の合わない感じや
ひさびさの調理シーンでの手元のよりのシーンなど、
賞味2時間くらいでしょうか。バタバタの中、撮影を無事満喫し、終了致しました。

どこの馬の骨だかわからん人間がやっておるバーガー屋に
足を運ぶことも無く、突然電話で撮影交渉が始まり、
勢いで撮り終え、それではーっと去っていかれる。
影響力の大きいメディアさんが伝えるものはこういうもんなんでしょうな。
忙しいんでしょうな。
撮影時にもモニターに映るバーガーなんぞを見ておると、
なんと恐ろしいことかと思うわけです。
なんというか、人の肉眼以上にカメラってやつは良くも悪くも映しよるわけです。

撮影され、放映される側であるにも関わらず、
自分の住む地域では放送が無いというなんとも摩訶不思議な状態ですが、
この店、このバーガーがどんな風に世に伝えられるのか?
いろいろな意味で楽しみではあります。。。
[PR]
# by tiger-center4 | 2008-09-13 16:57 | DIARY

The Television


f0122641_162019.jpg


先月より何度か連絡を受け、バタバタと決まった取材の依頼。

テレビ愛知の旅番組。。。あまり細かなことを聞くことも無く、
なんとなくこのタイミングで通っておかねばならんかと思い承諾したこの話。
先方からのけっこう無理のあるオーダーにも対応し、
メニューには無い特別なバーガーなんぞをやってみることに。
そういったことがかなり嫌いな性分ではあるが、
それは置いといて、自分がどれぐらい対応できるか?
この店がどれぐらい対応できるか試してみようかと。。。

取材日の4日前に出演が決定し、
そこからほとんどない自分の引き出しをひっぱり出してあさってみる。
料理でも何でもそうだが、イマジネーションのチカラしかない。
時間があるわけでもないので、試行錯誤にも限界がある。
やったことのないことでも見たことがあるもの、どっかで聞いたこと。
そんなことを自分の感覚とイマジネーションで実際にやってみる。
何が違うのか?何がずれているのか?何がいいのか?悪いのか?
味や作業工程の中でその原因を一撃で判断する必要がある。
一撃でどれだけでも情報を掴んで2度目で◎にする。
さらには放映されること、テレビのブラウン管を通してどんな風に映り、
それを受け止める人がどんな風にそれを捉えるのかも加味する。

そんなこんなで、取材は明日なのです。
1,2時間のことでしょうがこういう取材というもの自体を
100%満喫するのです。。。
[PR]
# by tiger-center4 | 2008-09-11 15:29 | DIARY

Original

f0122641_17562810.jpg


先日福岡より到着した作品。。。

何も注文した覚えが無いのに、
なんだろうか?この包みは・・・と思い開封。

ハンドメイドで作られるとても細かな仕事のその結果。
この世に一つだけのコイツ。

しかと、しかと受け取りました。
[PR]
# by tiger-center4 | 2008-09-06 17:44 | DIARY

ぜぃ!!


今、自分が最高だと思えることをしようと思う。
最高だと思える自分や物事を表現していこうといつも思っている。

最高やな・・・と思わず笑みがこぼれるようなことをしていたい。
想像するだけで胸が高鳴る自分をいつでも創造していきたい。
それがたちの悪い勘違いでも、ただの自惚れであっても、
これが今の自分にとって最高のパフォーマンスであり、
時間もカネも人生も賭ける意味があるぜぃ!と思ったことをやり続ける。
そんな日々を今のこの歳でおくらなければ意味がない、というよりこの先が無い。
オレという人一人が生きる意味なんてどこにもありゃーしない。お先真っ暗だ。

だからこそ、今のこの店があり、今のこの表現がある。
売上も利益も、自分の給料さえもまともにありゃしないのに、わざわざ経費をかけて、
利益率の低い、売りにくいであろうビールをメニューに次々と加えてみたり。
そいつらが最高に映えるぜぃと思えば、休み返上でカウンターを塗りたくったり、
その相棒である商材をアホみたいに探したり。
なぜなのか?なぜそうするのか?
それはそこに紛れも無く、それサイコー・・・と思える自分がいるからだ。
その空間で、その商材で、その存在で、その意識で、
人の心や表情が動く瞬間、シーンをたくさん見てきた。

誰に頼まれたわけでも、誰に教えられたでもなく、誰に押し付けられるでもなく、
自らを自らの手でそのゾーンに常にもっていく。
成功するだの、しないだの・・・。
そんな結果や数字を気にする前に、そこに向かう自分自身を気にするべきで、
そこに不安や心配があっても、両足でしっかり立っている自分、
今を感じられれば、それ自体に大いなる意味があり、未来というものもあるのではないだろうか?

今、最高だと思える自分は明日にはダメな自分になっていたりもする。
だから今、その今を、一日一日、一瞬一瞬、更新していかなければならないと思う。


 
[PR]
# by tiger-center4 | 2008-07-24 18:30 | SPIRIT

Drunkard

f0122641_16372475.jpg


飲みまくっております。
自棄酒でもなんでもなく。。。
仕事と称して昼から飲む。
現在、飲みも飲んだり14種ほどを飲んだでしょうか。

世界は広い。まだまだ飲みたいビールは山ほどあれど、きりがない。

自分がこの店で飲みたいビールを展開予定。
来週にもビールのみのメニューができあがるかな・・・。
自分がいいと思えるもんしか売りたかぁない。
人がいいと判断し、売れるというもの対しても興味はない。

だから飲むんだ。自分の舌で、体で感じるのだ。
うまっ!!!っつーもんに理屈は無い。
どこ牛だろうが、そこ牛だろうが、国産だろうが、なんだろうが。

「○○」っつーブランドみたいなもんだったり、
割安だったりするようなもんを謳うことは容易なこと。
今のこの店でも飛騨牛を使ってなかろうが、俺が飛騨牛使ってるって言えば、
その時点でそれは飛騨牛となり・・・
ましてやこの店はお客さんに対し、キャッチーなものを何も謳っていない。
それでも、お客さんが旨いと感じ、これは密かに飛騨牛なはずだと思えばそれも飛騨牛となり。

だから、そんな曖昧な何かにすがることなく、
自分が旨いと感じ、信じたものやことを、これまで同様、ただただ展開し届けていく。
オレの店はそんな店でいいんだと思う。
[PR]
# by tiger-center4 | 2008-06-22 16:53 | DIARY

PLAY


f0122641_20202688.jpg

あそびがなければいかん。
ガッチガチのバリバリキメキメの■ばった余裕の無いものはつまらん。

遊びとは、決して仕事以外のプライベートな時間で行う趣味的なものではなく、
仕事の中でも、店の中でも、表現の中でも必要であり、持つことができるモノ。
遊べるにはいろいろな経験や知識に加え、センスももちろん必要ではある。
余裕のある奴はおしなべてカッコいいもんだが、
無理に余裕を出そうとしとるんは一番カッコ悪いわけで、
そのへんが非常に難しいこの遊びというモノ。

現時点で自分がどれだけ遊べているか?
一番カッコ悪いことになってやしないか?
いつになったら遊べるようになるのか?

この状況の中で、いろんな意味で余裕などはないに等しい。
いや、ともすると持ってはいかんもののように思ったりもする。
肩のチカラを抜けとか、力みすぎだということを簡単に言う人もおるが、
この歳で、オレはやってるみたな顔して余裕をこくような輩にだけはなりとうない。
カッコ悪かろうが今は全力で突っ走る。
何を必死こいてるん???みたいな顔されようがお構いなし。
最初から簡単に物事を運ぼうとする、安易なものが世には溢れておる。

それでも常に余裕を持つ、遊ぶ心は忘れてはいない。
一日一日の作業の中でも、誰かとのやりとりの中でも。
クソ忙しい日でも、アホんごと暇な日でも。。。
楽しいことが大好きだ。楽しむためにはそれなりの何かが必要だ。

楽しき日々を迎える準備はできているか?
そのための環境、自分はつくれているか?
そう、楽しきものは無限大。そこへ向かう思考も無限大。
[PR]
# by tiger-center4 | 2008-05-19 20:15 | SPIRIT

昨日の自分を笑い飛ばせ

f0122641_17431286.jpg


「昨日の自分を笑い飛ばせ」
といくつになっても思い続けよう。昨日よりも今日、今日よりも明日、なのだ。
それくらい今を、この時間を全力疾走するんだ。
昨日の自分をダサい、くだらん、カッコ悪いと笑い飛ばせるくらい
今日は昨日よりも、明日は今日よりも格段に良くなるんだ。
どんな平凡な日々でも伸びる奴は伸びる。
いや伸ばす奴は伸ばすんだ。力づくでも伸ばすんだ。
同じような経験をしてきた奴らでもその違いは歴然と出る。

過去の栄光や実績、結果に浸っている暇も無ければ固執している余裕も無い。
どんなテレビに出ようが、どんだけの売上を築こうが、
甲子園に出たことがあろうが、○○の元プロ選手だろうが、
そんなもんはいっさい関係がないし、通用しない。
ただの過去であって、すごいねぇ、すごかったねぇ・・・で終わる。

「大きくなったねぇ」とか、「成長したわねぇ」なんてのは、
近所のおばちゃんや、親戚のオッサンの専売特許ではないはず。
育つとか成長するという言葉は、何も子供や動物の外見の変化に対してだけの言葉ではないはず。
30になろうが、40になろうが、その歩みを止めない者にはふさわしき言葉。
大概の人は、自分はこんなもんだとお思いでしょうが、そんなこたぁない。
そういうことが面倒になったり、その先に待っているものが見えていないだけ。
そしてそれ自体が持つ重要性を認識していないだけ。

「大きなったなぁ」「でかなったなぁ」とオレはいくつになっても言われたい。
そう、身内でもなく、他人様にでもなく、自分自身にそう言われたいのだ。
それが何よりも一番難しいことだから。。。
[PR]
# by tiger-center4 | 2008-03-25 16:43 | SPIRIT

お願いします。。。

f0122641_1965143.gif


f0122641_197451.gif


f0122641_1972173.gif

[PR]
# by tiger-center4 | 2008-03-10 19:08 | STYLE

いざ出陣

さ~て、いよいよ昨年に続き、福岡行きの日を迎えることとなりました。
半年ほどしか経過していなかった昨年とはまた違った感覚、意味合いを持つであろう今回。
どんな場面、どんな物事であっても同じということは、在り得ないわけで、
だからこそ今回もその感覚、意味合いを色濃く、最大限引き出すために、
明日から福岡へ向かう道中でいろんなものをリセットし、乗り込もうと思っています。

偶然にも必然にも出会い、引き合い、押し合いしてきた連中。
彼らから頂戴するものはカネでもなければ地位でもなく、名誉でもない。
言葉にして表すのは安っぽくなりそうだが、
自分の血となり肉となる数少ない絶対的な宝の中の一つ。
ただただイベントやって楽しかったね、儲かったね、いい経験したね・・・
なんていう軽々しいものでは全くない。
そんなことに時間と経費をかけてやるほど暇でもなければ儲かってもいない。
年に数度、店を閉めてまで出陣する機会がある。
それは何はなくともこの店として己として今までブログでも書いてきたような
誇りと魂がそこにあり、そこで注入される何かがあるから。

店のスタイルにしても価値観にしても立地にしても、
なんとも理解しがたいであろうわが店。
お客さんの顔色を伺いながら、誰でも彼でもに気に入られ、
愛されることもないであろうわが店。
それでも店を構え、ここで自分が立ち居振舞う以上、
当然のものとしてまず第一に考えるべき、優先すべきものがあるはず。
何を表現し、何を伝え、何を届けるのか?
売れたいわけでない、有名になりたいわけでもない、
カリスマやセレブになりたいわけでもない。
表現したいのだ。届けたいのだ。創りたいのだ。。。


---info---
明日21日(木)~25日(月)まで臨時休業となります。
[PR]
# by tiger-center4 | 2008-02-20 16:32 | SPIRIT

名古屋 EXTRA'S



f0122641_17572362.jpg



昨年、名古屋よりご来店のお客様。
ずいぶん前にうちの店が掲載された雑誌をご覧になられてご来店。

店内の装飾品や展示物に興味津々のご様子で、
その出で立ちや雰囲気でも十分理解はできたが、
おっ、これはわかる方だなと思ったのを記憶している。

食事も済ませられ、お帰りの際にお話すれば、
名古屋でヴィンテージミリタリー専門店をやられているとのこと。
なんだか妙に納得しつつ、お店の情報を頂戴し、
先日、やっと行って参りました。(実は一度名古屋へ行き、発見できなかったのですが・・・)
名古屋の繁華街の一角にありながらビルの4Fという立地。
階段をえっちらおっちらと上っていくとありました 「EXTRA'S」

オーナーさんは、最初気づかなかったようですが、
なんだか辿り着けた思いいっぱいで入るや否や、「高山のバーガー屋の・・・」と名乗り始めてしまいました。
店は大きくはありませんが、オーナーさんの本気がぎっしり詰まった商品と空間。
中学生、高校生時代に自分も軍モノに惹かれた時期があり、
久々にその想いが復活してくるような商品ばかりでした。

昨年お会いしたときにはゆっくり話をすることはできませんでしたが、
今回は時間を割いて頂き、いろいろな話をさせて頂きました。
東京、福岡には縁があるが、東海、関西方面にはまったくもって縁のない自分の人生。
それでも、こうやってこの高山という場に店を構えたことにより、
名古屋の方ともお会いすることができ、それがまた、業種は違えど、
ハートある、スピリットある店のオーナー様であることは、非常に嬉しきこと。
たくさんの刺激を頂き、帰路につきました。
商品はもちろんですが、オーナー様のスピリットを感じに度々お邪魔したい場だと感じました。

EXTRA'S
[PR]
# by tiger-center4 | 2008-01-17 18:05